効果的だったオフィス兼店舗の店舗デザイン

建築事務所兼店舗を設立することに

建築事務所兼店舗を設立することに | 店舗デザインはお客様からも社員からも効果的なものに | 店舗デザインのノウハウは設計の仕事にも勉強になった

新たに建築事務所を設立することになり、単に事務所だけでは面白くないと考えたため、店舗を兼ねたものとすることを考え、知り合いのデザイン事務所に店舗デザインを依頼しました。
建築事務所の店舗は初めてと言うことでいろいろ悩んでいましたが、こちらの思いを色々と伝え打ち合わせの時間は非常に多くなってしまったものの、最終的には納得のできるものとなったことで非常に満足しています。
ポイントは、気軽に相談できる事務所にしたいと考えたことです。
一般的に建築事務所は、技術者が難しい顔をして設計者が図面に取り組んでいると言うイメージがあり、自分の家などを相談したいと思った場合でもなかなか入りにくいと言うイメージをもたれることが多いものでした。
そのため、気軽に立ち寄ってもらえるイメージを作りたいと考え、様々なグッズなどを販売する店舗を前面に設置したいと考えたのです。
建築事務所のグッズはあまり大したものではなく、販売できるものではないと思われるかもしれませんが、実際には様々な場面で使用できる非常に高度な文具などが揃えられており、これらは建築士だけでなく一般の人でも使いやすいようになっているのがポイントです。
また自分たちでデザインした様々なミニチュアの模型なども、専門の会社に委託して具体的にモデル化してもらい、これもグッズとして販売することにしました。