効果的だったオフィス兼店舗の店舗デザイン

店舗デザインのノウハウは設計の仕事にも勉強になった

建築事務所兼店舗を設立することに | 店舗デザインはお客様からも社員からも効果的なものに | 店舗デザインのノウハウは設計の仕事にも勉強になった

自分たちも建築設計を行っているので、店舗デザインの難しさは十分に知っているつもりですが、そのノウハウには単に建物を設計するだけでは無いいろいろなものがあるのだと言うことを、今回思い知らされました。
視線のポイントの確保や、見え方による印象のイメージなどは建築設計でも非常に重要な課題となるものですが、店舗の場合にはこれに加えて一つ一つの商品の見せ方や顧客の反応を予測した設計なども必要になると言うことを勉強させてもらったのです。

ずっと気になってたコーヒー豆店
与儀の「rokkan coffee」

店舗内装が沖縄とは思えないオシャレ空間で、店内はコーヒーの良い香りがする(カフェ利用も可)。


コーヒー豆の買い方が2つ
①緑の生豆からその場で焙煎←
②焙煎された豆を買う
今月の雑誌「porte」でも特集されてました。
pic.twitter.com/8Wl9ZLrdMc

— くりーむそーだ (@creamsoda2708) January 13, 2020
そのノウハウは自分たちの今後の設計にも生かせるものだと言うことで、社員とも話をしています。
店舗デザインはそのイメージを共有することが非常に難しいもので、一般的にはデザイナーに任せてしまうと言うことも非常に多いのですが、今回は自分たちの建築事務所のイメージを具現化したいと言うことから、多くの面で意見を出させてもらいました。
それらの意見を十分に取り込みながら、効果的な店舗デザインを行ってくれたことに感謝しています。